火災保険で雨漏り修理が無料になる場合とは?

  • 火災保険で雨漏りが修理できるか

    • 多くの住宅では、火災保険に加入しています。

      火災保険に加入する理由は、いうまでもなく災害に備えてのことです。

      ただ、この火災保険の適用範囲が意外と素人にはわかりにくいという問題もあります。

      一般的に火災保険は、火事が発生した場合や落雷が起きた場合、雹の被害が発生した場合に適用されますが、オプションを選択することで水害、つまり洪水などが発生した場合にも適用することが可能です。


      では、雨漏りが発生した場合に保険を適用することができるでしょうか。


      実は、雨漏りが発生したからと言って保険が必ず適用されるとは限りませんが、場合によっては適用されることもあり、ます。雨漏りの修理は意外とお金がありますので、できるだけ保険を適用した方がよいでしょう。


      保険の適用条件は風による被害が証明されていることです。

      goo ニュース情報の差に驚きました。

      いわゆる風災というものになりますが、この場合には保険を適用してもよいということになっています。その時の条件として意外と忘れがちなのは、3年以内の被害であること、損害金額が20万円であることなどです。



      このように考えると、かなりお得な結果になりますが、実際に雨漏り修理において火災保険を利用している人は少ないのが現状です。

      その理由は、そもそも保険が適用されるかどうかを知らないことや、保険の適用に対してあまりがつがつしていない国民性というのもあるでしょう。

      風による災害の場合は、自らの損失とは思えないと考える人も多く、利用していないのです。

      雨漏り修理情報もきっとあるはずです。

top