火災保険で雨漏り修理が無料になる場合とは?

  • 火災保険で雨漏り修理が無料になる場合とは?

    • 梅雨の時期や夏季のゲリラ豪雨、台風など日本は雨の多い国です。
      豪雨の後、気が付いたら天井にシミができていたり、ポタポタと水音がするといった症状があらわれた場合は雨漏りの可能性があります。

      雨漏りは小さなトラブルのように感じますが、放置しておくと内部の木材が腐食して建物の耐久性が低下することがあります。

      地震という災害も多いこの国で、建物の耐久性が落ちた状態にしておくことは非常に危険です。

      毎日新聞の最新情報を紹介しています。

      雨漏りは見つけたらすぐに修理する必要があります。

      しかし、修理費用は数十万円から場合によっては数百万円と高額なため、ポンと出すことはできません。そのときに思い出すべきなのが火災保険です。



      火災保険は一般的に住宅をローンで購入する際に必ず加入している保険です。

      名前のイメージから火事による被害しかカバーできないように感じますが、実際は火災だけではなく、落雷や風災、ひょう災、雪災などの自然災害にも対応しています。
      雨漏りならすべて火災保険がきくわけではありませんが、台風や雪、落雷、ひょうなどが原因で屋根が外壁が損傷を受けたことによって雨漏りとなった場合は保険金が支払われるのです。

      通常は屋根や外壁の修理で保険金がおりるわけがないと意識もしないことがほとんどで、多くの人が損をしています。しかし、自然災害は突発性の事故ですから、充分に保険が適用されます。


      ただし、原因が経年劣化の場合は、保険の対象外となります。

      経年劣化と突発性の事故は判断が難しいので、火災保険の申請を考えている場合は、プロの業者に調査を依頼しましょう。

      あなたが求める家雨漏り情報を見つけましょう。

  • 生活コラム

    • 火災保険は火災時の被害の補償だけでなく、風災や落雷など自然災害に対する補償もします。この風災、雹災、雪災の補償は、多くの火災保険で基本補償についています。...

  • 学びたい知識

    • 台風の時期や真夏の集中豪雨のあとに、突然雨漏りに気が付いてショックを受けたという経験は意外と多くの人がしているのではないでしょうか。放置しておくと家の柱などの大切な部分に悪影響を及ぼすことになるため、早目の修理が必要です。...

  • 生活の事柄

    • 多くの住宅では、火災保険に加入しています。火災保険に加入する理由は、いうまでもなく災害に備えてのことです。...

  • 生活の基本知識

    • 雨漏りは、放置しておいても自然に治ることはありません。むしろどんどんとひどくなってしまいます。...

top