火災保険で雨漏り修理が無料になる場合とは?

  • 雨漏り修理で火災保険を使うために知っておくべき事

    • 火災保険は火災時の被害の補償だけでなく、風災や落雷など自然災害に対する補償もします。
      この風災、雹災、雪災の補償は、多くの火災保険で基本補償についています。



      この補償があると、屋根が破損したとき、その破損がある一定以上の速度の突風や強風、雪や雹などによって受けた被害であると証明できれば、修理にかかる費用を支払ってもらえるのです。
      雨漏り修理に火災保険が使えると言われることがありますが、これは誤解です。雨漏りの修理で補償を受けられるわけではありません。

      雨漏り修理大阪ってとにかくお勧めなんです。

      あくまで雨が漏るようになった原因の屋根や壁の傷み、破損が自然災害に起因していると証明された時に、修理費用を補償してもらえるということです。


      ですので、雨漏りの原因が経年劣化による自然な家屋の傷みの時は、残念ながら補償は受けられません。

      すごく便利な毎日新聞の情報を調べてみましょう。

      雨漏り修理は少なからず費用が掛かりますから、できれば火災保険で補償が受けられることが望ましいものです。


      では、屋根の傷みの原因が風災などによるものとどうやって証明すればいいでしょうか。これは、雨漏りを発見したとき、まず屋根調査の専門業者に調査を依頼するのがベストです。専門業者は屋根のあちこちの傷み全てを調査し、被害額の見積もりを算出してくれます。
      これをもって火災保険の会社に事故報告の電話をすると、保険会社から依頼を受た鑑定人が調査に来て、被害額が確定し、保険金額の支払いが行われます。

      一般に、保険会社は支払いを減らす理由や根拠を見つける方向に動きますが、屋根調査専門業者は目につかなかった被害も見つけて被災個所として見積もりを出してくれます。

      ですので、最初に保険会社に連絡せず、調査会社に連絡することをおすすめします。


top